ぱれっとLaBO

乙樹とみのる二人によるイラストのこと趣味のこと、少しでも誰かの役に立てるような事を書いてます。

ぱれっとLaBO

ポリマークレイで作る、ミニチュア苺の作り方

ミニチュア苺の作り方

 

スイーツを制作するならフルーツは必須。

その中でもいちごはまず最初に作ってみたくなるフルーツの一つではないでしょうか^^

 

可愛い苺をいろいろ作ってみたので作り方をご紹介します♪

 

 

苺(半分)の作り方

miniature strawberry

まずは粘土(白)を半円形に作って台の上(オーブンで使える耐熱皿など)に置いてから種の窪みをつけていきます。

 

種は尖がった先ほど小さく詰まっているようにすると、本物っぽくなります。

形も丸くするよりも、楕円にすると種っぽくなります。

 

 

着色

miniature strawberry

作った粘土に着色します。

 

アクリル絵の具を使ってグラデーションになるように塗ります。

水多め→濃いめの順にすると塗りやすいです。

 

オーブン粘土は焼く前でも着色することができます。

アクリル絵の具は乾くと耐水性になるので、着色はアクリル絵の具をオススメします。

 

 

葉をつける

miniature strawberry

次に緑色の粘土で葉をつけます。

 

適当にこそぎ取った緑の粘土を、苺の葉の部分にくっつけていきます。

 

miniature strawberry

ちょんちょん・・・

3・4枚ほどつけるとっぽくなります。

 

miniature strawberry

着色と葉をつけ終わったところ。

 

あとはオーブンで焼くだけです!

半分にカットした苺はケーキの上などのデコレーションに使えます^^

 

焼いた後にニスを塗って艶を出すとよりリアルに仕上がります~♪

 

 

 

苺(粒)の作り方

miniature strawberry

粒はつまようじや竹串などの、尖ったものに丸めた粘土を刺して、種をつけていきます。

画像は竹串ですが、穴が大きいので上の部分に葉をつけるときは穴が目立ってしまう場合があるので、台の上に直接いちごを置いて種をつけたほうがいいと思います。

 

miniature strawberry

半分の時と同じように種の模様をつけていきます。

竹串をくるくる回して、互い違いになるように種をつけます。

 

 

着色

miniature strawberry

アクリル絵の具を使って着色します。

下から上に向かって刷毛を動かしてグラデーションに塗っていきます。

 

葉に近い部分は先に黄色で着色しておくと、赤と混じってよりリアルな色合いになります。

 

今回は葉をつけない苺にしたかったので、

絵の具の乾いた苺を竹串から取って、そのままオーブンで焼きます!

 

 

 

 完成!

miniature strawberry

半分と粒バージョンの苺が完成しました!

ケーキのトッピングやカップケーキ、パンケーキなどスイーツ系で役立つ苺を作ってみました♪

 

苺ばっかりのスイーツ祭り作りたいなあ~🍓

 

作る苺を大きく作れば作品の幅が広がりそうです。

 

そもそも赤色の粘土で作ればいいんじゃ?と途中気づきましたが、

制作してた時は赤色を持ってなかったので白色粘土から作る方法でした!

 

 少しでも参考になれば幸いです。

次はどのフルーツを作ってみようかな^^ 

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

 

今回使用した材料

使用した道具はこちらです。

 フィモソフト/ホワイト

 フィモソフト/アップルグリーン 

[rakuten:arts-wig:10002865:detail]

粘土ヘラ

 

<その他>

アクリル絵の具

ニス

竹串

 



 -ストックイラスト-

PIXTA 
PIXTAいつき PIXTAみのる

Shutterstock 
Shutterstockいつき Shutterstockみのる

Adobestock 
Adobestockいつき Adobestockみのる

istock 
istockいつき istockみのる

photolibrary 
フォトライブラリーいつき フォトライブラリーみのる

123RF 
123RFいつき 123RFみほみのる

イラストAC 
イラストACいつき イラストACみほみのる

-Twitter-

Twitter@miho_minoru Twitter@1tsuki__


©2019 ぱれっとLaBO

 お問い合わせ / プライバシーポリシー