ぱれっとLaBO

乙樹とみのる二人によるイラストのこと趣味のこと、少しでも誰かの役に立てるような事を書いてます。

ぱれっとLaBO

【チュートリアル】illustrator CS5を使った六角形パターンの作り方

六角形パターンチュートリアル illustrator CS5

illustrator CS5を使って、六角形のパターンを作りシームレスパターンやデザインに使える素材制作チュートリアルをご紹介します!

 

 

デザインのコツやきっかけになれば幸いです。

 

 

 

 

多角形ツールで六角形を作る

ツールの中にある「多角形ツール」を選択し、クリックして数値入力ウィンドウで辺の数「」と入力します。

サイズは好きな大きさで。

illustrator CS5 六角形パターンチュートリアル

 

描いた六角形を、回転ツールで「30度」回転させます。

illustrator CS5 六角形パターンチュートリアル

 

 

六等分して色をつける

次に、「線ツール」で六角形の中央に中心線を引きます。

Shift を押しながら引くと真っすぐ線を引くことができます。

 

線は、「線なし」「塗りなし」にしておきます。

 

 

線パスのみを選択して、「回転ツール」で「ー60度」と数値を入力して、「コピー」します。(-マイナスじゃなくても良いです)

illustrator CS5 六角形パターンチュートリアル

 

 

ctrl + D でコピー繰り返しします。(2回)

 

線パスと六角形オブジェクトすべてを選択して「パスファインダー」で「分割」します。

すると六角形オブジェクトが六等分されました。

illustrator CS5 六角形パターンチュートリアル

 

 

色を付ける

ダイレクト選択ツール(⇦)で一つずつ色を変えていきます。

今回は明るめの色合いで単調にしてみました。

下側を暗め、上側を明るめの色にすると陰影がついて立体的になります。

 

illustrator CS5 六角形パターンチュートリアル

 

 

 

スウォッチパターン登録

色を付けられたら、スウォッチパターンに登録します。

 

六角形オブジェクトをコピーペーストで5つにし(ctrl+C , ctrl+V)画像のように並べます。

illustrator CS5 六角形パターンチュートリアル

 

☆隙間や重ねすぎを防止するため、「環境設定」→「選択範囲・アンカー表示」→「ポイントにスナップ」にチェックを入れておきます。

 

 

長方形ツール」で並べたオブジェクトの上に書きます。

描いた長方形は、「線なし」「塗りなし」にしておきます。

 

さらに重ね順を「最背面」にしておきます(右クリックorオブジェクト→重ね順)

 

 

オブジェクトと長方形すべてを選択し、「スウォッチ」に登録します。(ウィンドウ→スウォッチ

ドラッグ&ドロップでスウォッチに持っていけば登録できます。

 

長方形のパスに含まれる部分だけがスウォッチとして登録されます。

 

 

 

完成

登録したスウォッチパターンは、使いたいパスやオブジェクトにクリックして適用させて使います。

 

illustrator CS5六角形パターンチュートリアル

大きさを変えたり、さらに色を変えたりするとデザインの幅が広がります。

 

線をつけて点線にしたりしてもいろいろ試せます。

 

illustrator CS5六角形パターンチュートリアル

線を太めにつけて。

 

 

illustrator CS5六角形パターンチュートリアル

一色+白線で、ハチの巣のようなハニカム柄になります。

 

 

いろいろなスウォッチパターン、作ってみると楽しいです^^

お試しあれ!

 

 

 

 



 -ストックイラスト-

PIXTA 
PIXTAいつき PIXTAみのる

Shutterstock 
Shutterstockいつき Shutterstockみのる

Adobestock 
Adobestockいつき Adobestockみのる

istock 
istockいつき istockみのる

photolibrary 
フォトライブラリーいつき フォトライブラリーみのる

123RF 
123RFいつき 123RFみほみのる

イラストAC 
イラストACいつき イラストACみほみのる

-Twitter-

Twitter@miho_minoru Twitter@1tsuki__


©2019 ぱれっとLaBO

 お問い合わせ / プライバシーポリシー