ぱれっとLaBO

乙樹とみのる二人によるイラストのこと趣味のこと、少しでも誰かの役に立てるような事を書いてます。

ぱれっとLaBO

【ハンドメイド】ポリマークレイ始めました。

オーブン粘土でハンドメイド


粘土にも種類があると思いますが

オーブンで焼くと固まる粘土、ポリマークレイを始めました。

 

今まで紙粘土、樹脂粘土、小麦粘土などいろいろ触ってきましたが、乾燥としてしまう時間との闘いが私を悩ませていました。

なのでこの、焼くまで固まらないという利点があるオーブン粘土に挑戦!

 

  

 

さっそく、試しに作ってみたものです。

ポリマークレイでミニチュア制作

完成品


真四角の木の土台にポリマークレイで作ったキノコと多肉植物を乗せてみました。

粘土でキノコと植物を作ってから、オーブンで焼いてそれを土台にくっつけてます。

 

焼いた後にアクリル絵の具で色付けしました^^

 

小さいミニチュアのオブジェでいい感じに仕上がりました。

高さ3センチくらい。

 

芝生の部分は絵の具を染み込ませたスポンジです。

細かくちぎって接着してます。

苔みたいな感じで気に入ってます。

 

芝生の作り方 もチュートリアル書いてます♪
team-twins.xyz

  

 

使用している粘土

使用しているのはFIMO(フィモ)というのを使ってます。

ポリマークレイでミニチュア制作

FIMO(フィモ)

カラーバリエーションが豊富でメタリックや半透明、ラメ入りなど様々なエフェクト粘土もあり創作性抜群です。

 

私は扱いやすいソフトタイプを使用してみました。

始めは固いのでコネてコネて粘土を柔らかくする作業があるのですが、思っていたよりすぐに柔らかくなり艶も出る感じでした。

少量ずつならそんなに大変ではないと感じました。

 

 

焼いてみて思ったことは、色の変化がほとんどなく、縮みも無い!です。

焼いた後にアクリル絵の具で色付けもしやすいです。

 

 

今度は焼く前に絵の具を混ぜたり、焼く前の粘土に色を乗せたものなどいろいろ試してみようと思います。

 

 

ちなみにオーブン粘土で一番気を付けてほしいオーブン、使用法をしっかり確認しないと粘土が焦げて有害な煙を出したり燃えて出火の原因にもなりかねないので注意が必要です。

fimo soft

 

 

 

オーブンについて

  オーブンは必ず温度調整のできるもの

  (粘土は110度に設定したオーブンで20分~30分で固まります)

  タイマー機能のあるもの!

  オーブントースターはNG

  オーブンレンジの場合はオーブン機能のみ使う。

  コンベクション機能のものがおススメ

 

私は【送料無料】アイリスオーヤマ コンベクションオーブン PFC-D15A-W ホワイト を使ってます。

換気機能もあっていいです。

 

 このオーブンで料理したらおいしく調理できそうなほど良いオーブンですが、私は粘土用(笑)

粘土焼くのと、調理用で分けたい方は専用オーブンがあると制作しやすいですよ^^

 

ですがフィモ粘土、焼いてるときに匂いなどがほとんどありません。

そういった面も制作しやすい点のひとつです。 

 

というわけでポリアークレイ始めました編でした。

小さなものが好きなのでポリマークレイでミニチュアやスイーツをたくさん作ろう~っと!

 

 

まったりハンドメイドしてます

team-twins.xyz


 



 -ストックイラスト-

PIXTA 
PIXTAいつき PIXTAみのる

Shutterstock 
Shutterstockいつき Shutterstockみのる

Adobestock 
Adobestockいつき Adobestockみのる

istock 
istockいつき istockみのる

photolibrary 
フォトライブラリーいつき フォトライブラリーみのる

123RF 
123RFいつき 123RFみほみのる

イラストAC 
イラストACいつき イラストACみほみのる

-Twitter-

Twitter@miho_minoru Twitter@1tsuki__


©2019 ぱれっとLaBO

 お問い合わせ / プライバシーポリシー